ネット参謀申し込みフォーム

ご利用料金

月額利用料(年間一括請求) 5,400円(年間64,800円)
初期設定費用 54,000円
合計金額 118,800円
  • ネット参謀のご利用料金は1年間一括払いのみとなります。
  • 入金方法は銀行振込みのみとなります。
  • 振り込み手数料はお客さま負担にてお願い致します。
  • 必ずご登録時のご名義からお振込ください。
  • お名前を記入できる場合(インターネットバンキングなど)は、お名前をご記入ください。
  • ご入金確認後、設定項目に関するヒアリングをメールにて行わせて頂きます。

お申し込みフォーム

ネット参謀のお申し込みは、下記フォームより必要事項を入力して送信して下さい。2-3営業日以内(休業日を除く)にご返事させて頂きます。

IDはログインIDと共にURLの一部になります。半角英数字10字以内にてお申込み下さい。
(例:IDがsampleの場合、URLは http://sample.voicejapan.net になります。)

* は必須項目です。
*姓名
*かな
  • せい
  • めい
*住所
*電話番号 - -
FAX番号 - -
*メールアドレス
*第1希望ID
*第2希望ID
*第3希望ID
*希望パスワード

直近で予定している選挙

備考

ネット参謀利用規約

第1条(ネット参謀利用規約)
ネット参謀利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社VoiceJapan(以下、「VoiceJapan社」といいます。)が提供する第2条に定めるサービス(以下、「ネット参謀」といいます。)に申込み, 契約した利用者(以下、「利用者」といいます。)がネット参謀を利用する場合に適用されます。利用者がネット参謀を利用する場合, 本規約に同意したものとします。

第2条(ネット参謀)
本規約の対象となる「ネット参謀」は、VoiceJapan社が開発、運営または保守する政治家向けウェブサイト制作・運用保守サービスをいいます。

第3条(適用範囲)
1.VoiceJapan社が別途次の各号のものを定めた場合、これらの規定も本規約の一部を構成するものとします。
(1)VoiceJapan社・サービス利用規約
(2)プライバシーポリシー
(3)名称の如何を問わずネット参謀利用者に対し個別に通知する事項
2.前項に定める各規定が本規約と異なる場合については、本規約の定めが優先して適用されるものとします。

第4条(利用料等)
1.ネット参謀を利用するには、VoiceJapan社がウェブサイト上に定める方法で申込み、その申込みに対しVoiceJapan社が承諾する必要があります。
2.利用者は、ネット参謀を利用する対価として、申込み内容に応じた利用料(以下、「利用料」といいます。)をVoiceJapan社に支払います。利用料の支払方法や支払期間は申込み内容に応じ決定します。
3.利用者は, VoiceJapan社が第1項の申込みの承諾を行った場合, その申込みを取消すことはできません。取消を行いたい場合, 申込みのコースに応じて当月分または年間分の利用料をVoiceJapan社に対し支払わなければなりません。また、利用期間の途中でネット参謀の解約を申し込んだ場合も、返金や未利用期間の日割り計算による精算は一切できません。申込み内容に規定された利用期間分の利用料が発生します。
4.VoiceJapan社は利用料を変更することがあります。利用料の変更を行う場合には、事前に利用者に対し通知するものとし、VoiceJapan社が利用者に対し通知した時点から変更後の効力が生じるものとします。

第5条(アカウントとパスワードの管理)
1.利用者は登録されたアカウントとパスワードを自己の責任のもって管理するものとします。
2.アカウント、ならびにパスワードを利用して行われた一切の行為は、不正に使用された場合であっても利用者の故意、過失の有無に拘わらず利用者の責任とみなします。
3.VoiceJapan社はアカウントまたはパスワードの不正使用に起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。

第6条(知的財産権)
1. ネット参謀によって提供されるコンテンツ, システム, プログラムその他一切の知的財産権(著作権法第27条および第28条に規定される権利を含む)は, VoiceJapan社に帰属します。
2. 前条に拘わらず, ネット参謀の一部に有償無償を問わず, 第三者が知的財産権を有するシステム, またはプログラムを利用される場合, その知的財産権は当該知的財産の権利保有者に帰属します。
3. ネット参謀の利用に関して利用者および利用者が業務を委託する第三者がネット参謀に自らアップロードした文書, 画像, コンテンツにかかる著作権(著作権法第27条および第28条に規定される権利を含む)については, 利用者に帰属します。
4. 利用者がネット参謀の利用に関して第三者の知的財産権を侵害していることが発覚した場合, VoiceJapan社は利用者に通告することなく直ちに当該第三者の知的財産権を侵害する部分を削除または利用停止等の措置をとることができるものとします。

第7条(公職選挙法の遵守)
ネット参謀の利用者は公職選挙法を遵守するものとします。利用者のネット参謀の利用内容が公職選挙法違反を問われた場合、利用者と選挙管理委員会もしくは警察との間で解決することを原則とし、VoiceJapan社は関与しません。

第8条(利用者による解約)
1.利用者はネット参謀の利用を解約したい場合、VoiceJapan社に対し電子メールにてその旨を通知するものとします。
2.利用者が月額支払い(クレジットカード)の場合、解約希望月の前月末日までに前項に定める通知をVoiceJapan社に対して行うものとし、VoiceJapan社が当該通知を解約希望月の前月末日までに受領した場合、解約日は当該解約希望月の末日となります。

第9条(不可抗力)
天災、地変、インターネット通信上の不具合等の不可抗力、その他VoiceJapan社の責めに帰すべからざる事由により、本規約に定められた業務および義務の履行を妨げられた場合、VoiceJapan社は当該不履行に基づく責任につき免除されるものとします。

第10条(VoiceJapan社による解約)
1. 利用者が以下の各号の一に該当する場合には、VoiceJapan社に対するすべての債務につき当然に期限の利益を失い、直ちに債務全額をVoiceJapan社に支払うものとします。
(1)本契約に定める義務の全部又は一部に違反し、VoiceJapan社からの是正を求める通知を受けたにも拘らず、通知を受領した日より2週間以内に当該違反行為を是正しなかったとき
(2)差押、仮差押、仮処分、強制執行もしくは競売の申立てがあったとき、又は租税公課を滞納し督促を受けたとき
(3)監督官庁から行政指導、営業停止又は営業免許もしくは営業登録の処分を受けたとき
(4)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始その他法的倒産手続開始の申立てがあったとき、又は解散(法令に基づく解散も含む)、清算もしくは整理の手続に入ったとき
(5)手形又は小切手を不渡りとしたとき、その他支払停止状態に至ったとき
(6)公職選挙法および関連する法規違反が認められたとき
2.VoiceJapan社は、利用者が前項各号の一に該当する場合、相手方に対する何らの通知、催告なしに直ちに全部又は一部につき履行を停止し、あるいは契約を解除してそれによる損害額を利用者に請求することができるものとします。

第11条(損害賠償)
利用者が本規約の各条項に違反し、または本規約の履行に関連して故意・過失によりVoiceJapan社に損害を与えた場合、その損害を賠償する義務を負うものとします。

第12条(規約の変更または更新)
1. 本規約は内容を変更する場合があります。その場合, 変更後の利用規約の効果が発生する期日の2週間以上前に, VoiceJapan社のホームページ上に変更の旨を掲載するものとします。
2. 変更後の利用規約に対し異議がある利用者は、前項に定める掲示期間中にVoiceJapan社に対しその内容を申告することができるものとします。
3. 利用者からの申告があった場合, VoiceJapan社はその内容に応じて利用規約の変更内容を検討するものとします。但し, 利用者の申告が変更後の利用規約に反映されるかはVoiceJapan社の判断により決定するものとします。

第13条(免除条項)
1.ネット参謀に関して生じた利用者間の紛争は、当事者間で解決するものとし、利用者はVoiceJapan社に対し如何なる苦情の申し立ても行わないこととします。
2.VoiceJapan社は、選挙の当落に関する責任を一切負いません。
3.利用者が著作権や肖像権等の法律を遵守せず権利侵害の訴えを起こされた場合、VoiceJapan社は関与しません。

第14条(合意管轄)
本規約およびネット参謀の利用に関して発生する利用者とVoiceJapan社間の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2014年1月制定

ネット参謀利用規約に同意頂ける場合は、下記の「ネット参謀利用規約に同意します」にチェックを入れ、「確認画面へ」ボタンを押して下さい。